So-net無料ブログ作成
検索選択

『天竜浜名湖鉄道/転車台』を見にゆく。 [train]

天浜さん、黒字おめでとぉぉぉっ!!!要崎です(自力では無く、父に新聞記事を見付けてもらうという不甲斐無さ)。

と、言う訳で…

『転車台』見に行って来ましたぁぁぁっ!!!

天浜さんトコに有る、車両を乗っけてぐるりと向きを変えるアレです。
アレって言っても、昭和15年姿そのままの『登録有形文化財』という凄いシロモノなんですけどね。
行けない距離に住んでいる訳でも無いのに、見に行くのは初めてでして。
浜澤更紗様(以下、一方的に先生)がブログで同行者を募集されていたので、つんのめる勢いで名乗り出たのです。
しかもケータイ直メールで(笑)。
…改めて良いところ(ヲタ的に)住んでいるな、と(航空自衛隊浜松基地も近いし)。
遠征はしんどいけどなっ!!!
以下、箇条書きになったり、ならなかったり(ヲイ)。

仕事から帰って来る実弟を待つも、釣りに行っているらしく(ヤツは仕事終わりそのまま釣りへ行く…信じられない)リミットなので、作業服の洗濯放置決定で自宅を出る。
とりあえず有人駅の『遠州鉄道/浜北駅』へ。
『遠州ぐるっときっぷ(東ルート)』を購入。
『若干急いでいるんですけどもー(汗)』と心中で思いながら、切符を取りに奥へ行ってしまった駅員さんの背中を見詰める。
前日までに買っておけよ、って話なんですが。
『(日付印の)インクがまだ付くかもしれんでねぇー』の一言にほっこり。
お兄さん優しい!でも、お兄さんが思う程要崎、若くないっ!!

201006282224000.jpg

大人1,500円です。
切符の下側にJR東海さんの片道切符が付いてます(画像は回収後)。
遠鉄さんドセン、イエーイっ!!!
赤色が眩しいゼ…。

201006291003000.jpg

裏面デザイン可愛いと思うのですが(意外と抜かり無いな)。
ご覧の通り(JR東海さんの連絡先の記載が無い)、このタイプの切符がご入用の方は必ず遠鉄さんか天浜さんでお買い求め下さい。
JR東海さんで購入すると…ものっそい地味になります。
そんなストイックな(?)JRさんが好きなんですけども。

車を置く関係で『浜北駅』から乗車せず、北隣の『美薗中央公園駅』へ。
時間が無いのでダッシュっ!が、予定より1本前の下り列車に乗車。
合流予定の終点『西鹿島駅』に向かいます。

201006251207000.jpg

流石、平日の真昼間ですね。
その後、事件勃発。

予定時間に先生と合流出来無い…だとっ!

頻繁に乗る訳では無いので気にならなかったのですが。
天浜さん、掛川行き12時31分。
遠鉄さん、西鹿島着12時32分。

天浜ちゃん、行っちゃうのぉぉぉっ!!!

先生待たずに、その列車に乗車してしまう要崎もヒドいのですが…先生、スミマセン。
本当、あの1分はどうにかならないものか…二俣様のドSっぷりを垣間見た気がしました。
あっという間に一足先に『天浜線/天竜二俣駅』に到着。
水分補給しながらケータイ版『桃太郎電鉄』Play。
改札口にぶら下がった風鈴のお陰で一層涼しい。
木造の駅舎と相まって非常にらしくて良いですな。
暫くして先生と無事合流。
遠鉄バスと徒歩の組み合わせって…流石です、先生。
要崎だったら確実にタクシーです。

『転車台』見学の時間待ち。
天浜さん取り扱いの切符解説を、先生のツッコミを交えてして頂く(資料探しに余念が無い先生)。
チラシ(とHP)は13時40分になってますが、13時45分です。
先生曰く、『これが天浜さんクオリティー』。
今回も出たよ、コレ(笑)。
『見学記念硬券』の記念スタンプ台紙に日付印とスタンプ押印。
久し振りに腕が鳴ります(前職、小切手・約束手形持ち出し担当だったので。スタンプはうるさいよ)。
凄い人(?)とすれ違った。

201006251326000.jpg

どーもくん現るっ!!!
どうやら、どーもくんご一行(リアルに音声さんとカメラマンさんの3人取材なのか…)も午前中に『転車台』を見にきた模様。

201006251324000.jpg

時間に追われるどーもくんの背中。
中の人が居るとしても、やはし可愛いですな(『まだかな~ぁ』な列車待ちがまた可愛かった)。
にしても、改札口が通りにくそうだった…。

営業課のT氏が見えられ、見学スタート。
金曜日な所為か、要崎と先生、清水区からお見えのお兄さんの3人で見学です。
とりあえず『どーもくんをお見送りしましょうか』と、『新所原駅』へ向かうどーもくんご一行をお見送り。
良い取材になると良いですな。
外周から見える線路のポイント・貯水タンクのお話を聞きながらてこてこ歩いて構内施設へ。
フェンスの鍵を開け、『此処から昭和の時代へタイプスリップですよ』とT氏。
『運転司令室』(窓やドアには普通の透明ガラスが嵌っているので室内が見えます。良いのか?)の脇を通り、『転車台』へ。
ふと、冬は想像以上に寒いんじゃなかろうか、と心配になる。

DSC00053_thumb.jpg

『転車台』と『扇形車庫』到着(画像は既に乗っかっちゃってますが…)。
T氏の説明の後、点検待ちの間が自由時間になったので撮影がてら先生に『腕木式信号機』の解説をして頂く。
準備が出来たとの事で再集合。
『転車台』に対して少々車両が長いので『気を付けて下さいね』との事(安全ラインが引いてあります)。
天浜さん回りまーす。



T氏曰く『今回は見学なので、いつもより1周多く回りました』。
そんなサービス有るんだ(笑)。
車庫に向かうレールに合わせるのは機械に頼るのではなく目視だそうで、慣れるまで大変らしいです。



今回は予備へ。
続いて、『鉄道歴史館』の見学へ。
どんな施設だろうと思っていたらT氏、おもむろに『扇形車庫』(上の画像の1番のところ)の立入禁止ロープを外し、開錠。
そこに作ったのかよっ!?
車庫の一部スペースを開放した模様。
入って直ぐの所で『部品は自分達で作っていた様ですよ』というお話を聞き、『現役で使えますよー』と、携帯式電話(肩掛けの箱に入ってるアレ)を実際に使わせて頂く。
レバーを回すとけたたましい呼び出しベルが鳴ります。
凄いなっ!!
暫く自由時間という事で放り出される(笑)。
時間の半分ぐらいは3人で昔の運賃表を見上げてやんや言っていた気がする…ツッコミどころ多くて面白いんだもの(ほぼ聞くばっかでしたが)。
車両模型に食い付く要崎。
とりあえず、壁の駅名板は東から順に並べ直して欲しい…『浜松大学前駅』がスッキリしないっ!!
オープン間も無いという事で、エアコンの設置が有りません。
これからの時期行かれる方…覚悟して下さいね。
早めの設置を希望します…資料保存的にも。

見学終了、駅舎へ戻ります。
『車両検修員詰所』辺りで発見。
『関係者以外立入禁止』と通常表記するであろうところ、『社員以外入っちゃだめー!』と。
目聡いな、先生っ!!!(確かに可愛いよ…天浜さんクオリティー再び)
ホーム際でT氏とお別れ(施錠しに行かねばならんからね)。
非常に楽しかったけれども…

ブログの更新頻度を上げてくれと直談判出来無かったのが心残りです。

脳内では完全にネクタイ掴んでました(ヲイ)。
T氏違いだったら迷惑な話です。
とりあえず、どーもくんが来た事はブログネタにすべきかと…最適じゃないか。

先生の取材のお供で少し駅舎を離れて、『光明電気鉄道/二俣口駅』跡へ。
素人目じゃ全く分かりませんよっ、先生っ!!!
草が生い茂るコンクリート(おそらく半分ぐらいは緩やかな坂に埋まってる)。
言われてみればホームっぽい。
そんなレベルです。
でも、良いじゃないか、少しでもその形が有るんだからさ。
『なるほどね~ぇ』って事で駅舎へ。
掛川行きの列車を待ちながら、『てんぱま』ちゃんの事とか(謎のパンダの絵と奇抜な色彩のキリン)、タブレットの受器とか解説して頂く。
受器、前回来た時に何のオブジェだろう…って思ってたんですよね。
謎が解けて良かった。

見学一緒だったお兄さんが『宝くじ号が見たい』と仰ってらしたのですが…ちゃんと見れたのだろうか?(見学終了後、2両編成で来たけども)

目的を果たしたので、一路『掛川駅』へ。
東海道本線さんに逢いたいだけで、特に用事は有りません(ヲイ)。
到着したら16時だったので、更に移動するにはなかなかビミョーだったのですよ。
にしても、創作活動の話に夢中であっという間でしたな…1時間弱掛かるというのに。
『掛川駅』の駅舎を無言のまま見上げていた要崎。
『此処、新幹線止まりますよ』と先生。

他人の心が読めるんですか、先生ぇぇぇっ!!!

そう、内心『JRの駅なんだよなぁ、此処…』って考えていたのですよ。
掛川の皆様、ごめんなさい…。
改札口に居た駅員さん(若いお兄さん)の眉毛の短さが気になる。
爽やかで感じの良い方でしたが。
掛川発岐阜行きの列車に乗車。
確かにロングシートが無いっ!!(なかなか珍しいらしいですよ。ダイヤ的にも)
此処でも同人遠征の話、あっという間に『浜松駅』到着です。
改札口を抜け、『これって…』と切符を見詰めていたら駅員さんがやはし追っかけてきました。
下側のJR切符、切り取り忘れ発覚。
他会社仕様だからドンマイ☆
むしろ、お兄さんの苗字の読み方が気になる…。

『お茶でもしましょうか?』と言う事で、デニーズへ移動。
デザートを食しながら語ること3時間(!?)。
時々バッサリぶっちゃける先生が面白過ぎるんですが。
二俣様のドSっぷりに要崎、テーブルに突っ伏して爆笑。
マジで(或る意味)惚れるよ、あの人。
奥山さんの過去に、うっかり泣きそうになる(どんだけ不憫なんだ…)。
手元に何の資料も無く、ソラで色々な情報が出てくる先生…凄過ぎます。
話し込んでいたら先生の時間がヤバい事が判明して、慌てて遠鉄さんに戻りました。

先生に『楽しかったですよー』と言って貰えて一安心。
色々と教えて貰うばかりで、こちらから何の情報も提供出来無かったので申し訳無いばかり。
こちらこそ、同行ありがとうございました(ペコリ)。
また天浜さん行きましょう☆
酒だぁぁぁっ!!!(ヲイ)
企画列車有りますので、是非…と、勝手に宣伝(直近だと天浜さん、ビアホールになりますヨ)。

結果、今回消化出来無かった疑問2点。

・天浜さんの広告パンフレット(ポスター)に、何故『JR東海』のロゴが記載されているのか。
・『遠州鉄道/西鹿島駅』に何故『キヨスク』が割と最近まで存在していたのか。

何かご存知の方がいらっしゃったら、是非コメント欄へ一言お願い致します。
…と、要崎サイドからも発信してみる。
ものっそい気になるんですよー。
『西鹿島駅』に関しては、はたと気付いたら脳内混乱一歩手前でした。
有るのが当たり前でずっと過ごしていたで、整理したらかなりおかしい事態ですよね。
一地方私鉄の駅舎にJRの売店…二俣様の名残と言ってもかなりズレが有ります。
気付いたら店舗が無くなっていたので、存在の境が分かればまだ何とかなりそうなんですけども…。
JRバス(西鹿島駅・水窪間)も絡むのかしら…なんて。
色々気付くと面白いですよね、鉄道って。

遠鉄さんのジャケット(胸ポケット)に付いているエンブレムのデザインが可愛いと思うのですが。でわ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

ブラックラグーン 画像

もう見ました、面白いですね
by ブラックラグーン 画像 (2010-11-16 17:45) 

要崎紫月

こんばんわ、 ブラックラグーン画像さん!
コメントありがとうございます☆

面白く思って頂けたのならば幸いです(ペコリ)。
更新頻度激遅ですが、またお越し下さいマセ。でわ
by 要崎紫月 (2010-11-24 00:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。